大好き牧藤

先日、ツイッターでフォローさせていただいているタカシナミドリさんと、牧藤について
「あの二人ってライオンとチーターが土埃あげて闘ってるイメージですよね」
「翔陽が海南に負けた日ほど(夜の営みは)激しいですよね」
という(わりとディープな)話をしていたのですが、なんとそのわずか1〜2日後にこのライオン×チーター牧藤を書いてくださりました!(タカシナさん重ね重ねありがとうございます!)
 
このお話の空気感、二人のバスケを挟んだ関係、台詞、最後の余韻、随所に描かれている藤真のチーターっぽさが色っぽくてどストライクです。もう何度読んだかわかりませんが、何度も読みたいお話です。
 
 
注:18禁です。